脱毛方法による特徴

業務用の脱毛機を取り扱う上で、その使用方法や、お肌に対する知識、またお客様へのトリートメントの説明など、操作をする人の知識や経験も大事な点になります。家庭用製品との大きな違いの1つにもなります。
業務用機器の場合、各社メーカーからの講習内容も様々で、それを評価する団体も公的な機関も以前は存在しませんでしたが、現在では経済産業省の監督下にて、日本エステティック機構(JEO)(http://esthe-npo.org/)や、日本エステティック振興協議会(JEPA)(http://esthe-jepa.jp/)が主軸となり、脱毛機器の製品評価や製造会社のシステム審査などを通して、製品の品質・安全性はもちろん、メーカーの生産体制や、ユーザーへの教育などソフト面なども含めて包括的に脱毛機を評価する制度が取り入れられており、安全に消費者へ脱毛サービスを提供するシステムができあがってきています。
上記団体に加盟・合格した製品を使用することで消費者保護を強化することもできますので、大きな選択要因となってきています。

製品品質の検査体制のひとつには、毛根周辺の細胞を破壊していないことや、お肌に有害な波長が出ていないこと、出力が一定の基準内に収まっていること、製品の製作フロー、その検査体制や責任の所在など、第三者の評価をクリアしていることはユーザーにとって非常に心強いシステムになります。

pagetop