エステサロンの脱毛と医療脱毛の違い

業務用脱毛機には、種類や出力の違いがあります。エステサロンと医療施設での脱毛の違いの1つに、脱毛機の出力の強さがまず挙げられます。医療用の脱毛機は、強いレーザーを出力できるようになっています。効果を最も重視しますので、皮膚に対する負担も大きくなりますが、必要に応じて部分麻酔や、施術後のトラブルに対する医師の直接の判断や処置、処方ができることがエステとの大きな違いになります。

あくまでも医療登録された脱毛機(医療機器)を使用しますので、永久脱毛(毛根組織を破壊)が可能で、ニーズがマッチすれば医療施設を選択する人もいます。
エステサロンの脱毛の特徴は、費用が安い、通院とはイメージが違う、トリートメント後に絆創膏などを貼らなくても良い、痛くないと言う点です。費用についてはお客様の主導で、トリートメント回数や、部位、支払い方法などを気軽に選択できることが大きな利点です。
医療脱毛を選択する場合には、永久脱毛を希望したり、あるいはお肌に何かしらの疾患があり(例えばお薬を服用されていたり)、エステではトリートメントがお断りされてしまう場合などでも、医師の判断から可能な場合もあり、そのようなケースには力を発揮します。
とはいえ、医療施設のレーザー脱毛の方が痛みが強く、料金も高くなる傾向があります。また医師が直接施術をおこなわず、看護師による施術の場合は注意が必要です。(医療機器の使用は医師免許が必要になります。)

どちらにもそれぞれのメリットがありますが、医師による施術の場合は、レーザーとフラッシュによる施術があり、エステではフラッシュによる脱毛のみになりますので、レーザーによる施術が希望の場合は医師による施術を選択することになります。エステサロンで行われている脱毛は、光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれるトリートメントになりますので、痛みを感じにくく、また通常の日常生活の中でゆっくりと毛が脱落していくため、肌への負担もほぼないこともメリットです。
豊富なサロンが全国で展開されているため、選択肢も豊富です。使っている機器によって、感じ方は異なってきますので、無料カウンセリングなどを利用しパッチテストなどおこなってみてください。
それとは別に医師による毛根周辺の細胞を破壊する永久脱毛の場合は、施術後にお肌を保護する為、しばらくの間ガーゼや絆創膏などで保護する必要がありますので、これがストレスになる場合はやはりエステを選択することになります。

医療脱毛は基本的に一度に支払う料金が高いものの、追加料金や肌トラブル時の診断が同時におこなうことができます。
学生などはエステサロンで手軽に脱毛する人も多くなっていますが、お肌の診断を重視される人は医療脱毛を選択されます。
どちらの脱毛方法でも、しっかり毛はなくなりますので安心して利用することができます。
永久脱毛をおこないたい場合は、医療脱毛のレーザー機器か役立ちます。またお肌の診断が必要な場合も同様になります。
反面、毛根の細胞を破壊することなく、休眠状態にさせる脱毛で、お肌に特別な診断の必要が無い場合は、金額面や痛みなども含めてエステサロンの脱毛が大きく役に立ちます。

pagetop